墓地

墓じまいの流れを充分に把握してトラブルを回避しよう

● SITE MAP ●

お墓の後継者がいないときには

沢山の墓石

近年では、少子高齢化や非婚化の影響もあり先祖代々守ってきたお墓を受け継いでくれる後継者がいないというご家庭も少なくはありません。後継者途絶えてしまったお墓というものは当然のことながら十分な管理がなされず、生い茂る草に埋もれてしまっている場合も多く、そのような光景を目にすると非常に物悲しい思いにさせられます。
また、お墓を受け継いでくれる後継者がいないときには、そのお墓は無縁墓はとなってしまい最終的には撤去されてしまうことになります。もしも、そのような事態になってしまったとしたらきっとお墓に眠る先祖もさみしい思いをするはずです。そのため、近年では先祖代々守ってきたお墓を継承してくれる人がいない家庭では墓じまいをするケースが多く見られます。
墓じまいとは、これまで先祖が眠っていたお墓から遺骨を取り出し、その遺骨をほかの場所に埋葬し直すことですが、新しい埋葬先としては永代供養墓や納骨堂などがあります。このような形式のお墓ではほかの家庭の遺骨とともに遺骨が埋葬されることになりますが、その管理は永代的にお寺が責任を持って担ってくれます。そのため、たとえ、お墓を守ってくれる後継者がいないという人であっても安心してお墓に入ることができるのです。

● headline ●

● post list ●

2017年08月23日
墓じまいというのはとても大変ですを更新しました。
2017年08月23日
墓じまいについて深く知ろうを更新しました。
2017年08月23日
墓じまいする理由を更新しました。
2017年08月23日
お墓の後継者がいないときにはを更新しました。
TOP