墓地

墓じまいの流れを充分に把握してトラブルを回避しよう

● SITE MAP ●

● choices ●

お墓の後継者がいないときには

近年では、少子高齢化や非婚化の影響もあり先祖代々守ってきたお墓を受け継いでくれる後継者がいないというご家庭も少なくはありません。後継者途絶えてしまったお墓というものは当然のことながら十分な管理がなされず、生い茂る草に埋もれてしまっている場合も多く、そのような光景を目にすると非常に物悲しい思いに…

▶ READ MORE...

墓じまいする理由

墓じまいはお墓を引っ越したりすでにあるお墓から改めて再葬し供養する事です。よくある理由は済んでいる場所から遠く年に数回のお参りすら遠すぎて行く事が出来ない事や往復の交通費負担が大きいのなどのお墓へのアクセスが困難な事と手入れが行き届いていないので墓地が荒れてしまっていたり掃除が出来ないなどのお…

▶ READ MORE...

墓じまいとは何をするものか?

墓じまいとは何をするものか、どのような時のことを墓じまいというのかそもそも墓じまいという言葉を聞いた人がいないや知らないという人が増えてきています。若い世代の人には馴染みがなく、地方から都会に移り住む人が増えている為墓じまいをする機会などもなくなってきているのです。墓じまいとは、自分の家系が代々守ってきたご先祖様のお墓などを撤去したりする事を墓じまいというのです。
何故お墓を撤去するのかというと、お墓はその家系の人達が清掃をしお墓を綺麗に保つことをしています。ですが、そのお墓を清掃する人がいなくなったりする事によってお墓が劣化して周りも木や草が生えて人が入れない状況になってしまうのです。そのような状況が長年続く場合は地方自治体等がそのお墓の家系を調べ近所にいるのか県外に出ているのかなどからここのお墓にはこないや家系が途絶えているといった場合には地方自治体が墓じまいをするのです。
墓じまいがどういったものなのかと言う説明をさせていただきましたが、自分のご先祖様が眠るお墓は毎年必ず定期的に参拝することをお勧めします。それが自分の家系を作ってくれ自分を産んでくれた両親を産んでくれた人だとそこでまた実感することができるのです。

墓じまいの流れについて

近年、都市部への人口流出や核家族化に伴い、墓じまいをする家が増えています。跡取りやお墓参りをする親族がいなくなり、無縁墓になってしまう前に手順を追って墓じまいの手続きをして、合葬墓への移転や永代供養、散骨を行うものです。では、墓じまいをするまでの流れはどのようなものなのでしょうか?その流れを説明します。まず、墓じまいをする際に重要なのが、そのお墓に関係のある親族に相談することです。
あまり接点の無い親族でも、お墓に入っている故人にお世話になっていて、たまにお墓参りをしているというパターンもあるので、連絡のつく限り全ての関係者への連絡・許可が必要です。これを怠ると、大きなトラブルになりかねないので注意しましょう。次にお寺に連絡を入れます。
急な話では寺院も困惑してしまうので、できるだけ余裕を持って連絡しましょう。続いて役所の手続きとなります。お墓のある市町村から「改葬許可申請書」を貰い、必要事項を記入して寺院から署名・押印を貰います。これを役所に提出すると「改葬許可証」となり、改葬が許可されます。もし違う寺院などに移転する際は、移転先の「受け入れ証明者」も必要となります。
書類の手続きが終わりましたら、魂抜き・遺骨の取り出しを行い、お墓の閉眼供養、業者による墓地の更地化を行えば完了です。御先祖様に失礼の無いように、そして親族間できちんと話し合って墓じまいをすることが一番大切です。

墓じまいでのトラブルを防ぐには相談が重要

お墓が遠くにあって、なかなかお参りに行けなかったり、お墓を継ぐ人がいなかったりなどの理由で、墓じまいを考える人は少なくはないと思います。お墓の管理も大変で、現代社会で休みもなく働く人は小まめにお墓を管理する時間がないはずです。ですが、お墓を処分しようと考えても実際にどうしたらいいのかわからないという方が多いと思います。簡単にお墓を壊して廃棄するということはできませんし、埋葬、埋蔵されている遺骨を好きに処分することもできません。それこそ罰当たりと言われてしまいます。なので、上手く墓じまいができるように前もって段取りや手順を調べておくことが重要となります。
墓じまいをする時は、まず親戚やお寺に相談しましょう。血を受け継いだ親戚の中には墓じまいを嫌う人もいるでしょうから、よく相談することが大切です。勝手に墓じまいを進める前に必ず相談して親戚とのトラブルを防ぎましょう。また、お寺にお墓がある場合は、必ずお寺に相談しなければなりません。
理由も離さずに墓じまいをしたいと言っても快く思わないお寺もあります。場合によっては離断料を要求するお寺もありますので、お布施として常識的な金額を包み渡しましょう。お寺とのトラブルはこの離断料についてが多いので、きちんとお寺と話し合いをすることが重要となります。あとは遺骨の行き先と改葬の手続きをしなければなりません。その後に遺骨を取り出し墓石の撤去となります。


ご縁を大切にしてくれる墓じまいの美匠はご存知ですか?お墓が無縁墓になる前にお墓を解体・撤去を丁寧に行ってくれる人気の業者さんです!株式会社美匠では、お墓の解体撤去、各種手続きから墓じまい後のご供養まで、墓じまいをトータルでお手伝い致しております。

● headline ●

● post list ●

2017年08月23日
墓じまいというのはとても大変ですを更新しました。
2017年08月23日
墓じまいについて深く知ろうを更新しました。
2017年08月23日
墓じまいする理由を更新しました。
2017年08月23日
お墓の後継者がいないときにはを更新しました。
TOP